知っているようでよく知らない保育園のこと、詳しくご説明します。

保育園には「認可保育園」と「無認可保育園」(認可外保育施設)、「認定こども園に含まれる保育園機能」があります。「認可保育園」とは、子どもを保育するために必要な保育士の数や、子どもの生活空間としての施設の面積などを定めた国の「児童福祉施設最低基準」(以下、「最低基準」)などの基準を満たしていることを条件に認可され、国および自治体から公費を受けて運営されている施設です。公立保育園、私立保育園があります。

 

公立保育園

  • 自治体が運営するので先生は公務員
  • 基準にそって運営しているので、保育の質が園ごとで比較的均一
  • 保育士園長さんの転勤があり、保育方法が一変することがある。(保育園を数年ごとに変わる)

 

私立保育園

  • 運営は民間(社会福祉法人が多い)
  • 2000年から規制緩和により、株式会社やNPOでも設立が可能になった
  • 運営母体によって方針はさまざまで、保育は保育園ごとに特色があり、永続性がある。
  • 保育料は認可保育園であれば公立と変わらない(教材費などが別途かかることはある)

 

無認可保育園とは

「無認可保育園(認可外保育施設)」とは子どもを預かる施設であって、「最低基準」などを満たさない認可されていないものを総称して呼んでいます。その種類はさまざまで、ビルの一室を借りて託児しているところから、認可基準に近いものまで、また営利目的のものから、親どうしが集まって共同してつくっている施設までさまざまです。

 

認証保育園とは

東京都内には「無認可保育園(認可外保育施設)」の一つとして『東京都認証保育所』と呼ばれる施設があります。これは無認可施設の中でも東京都が定めた一定の基準以上の設備や職員配置が確保されている施設について、東京都が「認証」を与え公費補助を受けている施設です。
しかし、園庭がなくてもよかったり栄養士や看護師がいないなど、認可保育園に比べると基準が低く、全体としてその運営や設備などは個別の施設よって格段の違いがあります。

 

認定子ども園とは

平成18年から「認定こども園」という制度ができました。「認定こども園」は都道府県が認定基準を条例で定め、その基準を満たす施設は「認定こども園」の認定を受けることができます。
詳しくは、http://www.youho.org/gaiyo.html(厚生労働省ホームページ)をご参照ください

 

 

保育園と幼稚園

小学校就学前の子どもが通う施設として、「保育園」の他に「幼稚園」があります。保育園と幼稚園の違いは、次の表の通りです。

  保育園 幼稚園
管轄省庁 厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/) 文部科学省(http://www.mext.go.jp/)
設置主体 区市町村および社会福祉法人等 区市町村および学校法人等
根拠法令 児童福祉法 学校教育法
職員配置基準 乳児:3人に対して1人以上
1歳〜3歳未満:6人に対して1人以上
3歳〜4歳未満:20人に対して1人以上
4歳以上:30人に対して1人以上
35人に対して1人以上
保育時間 原則として1日8時間
(ただし、通常開園時間は11時間程度)
原則として1日4時間
対象児童 0歳から就学前の「保育に欠ける」(保護者が仕事や病気などの理由で、保育ができない場合)乳幼児 満3歳から小学校就学前の幼児
給食おやつ 義務 任意
職員資格 保育士(国家資格) 幼稚園教諭免許
(預かり保育は資格要件なし)
保育料 子どもの年齢と各家庭の所得によって保育料は違う。同時入園の場合、2人目からは半額、3人目からは1/10などとなっている場合もあり、各家庭の経済状況に見合った保育料になっている。具体的な金額は、市町村が決めているので異なる。 幼稚園ごとに異なる。
月額8,000円〜25,000円がだいたいの目安。私立の場合、入園料として9,000円〜40,000円がかかる。その他、教材費や給食費なども別途必要となってくる。

認可保育園では、乳幼児の子どもの成長にふさわしい日々の生活を通し、人間形成の大切な基礎を培う保育を行っています。乳幼児期の子育て(子育ち)は、大人から支えてもらう「養護」と、子ども自身が生きる力を生活の中で育む「教育」とが、不可分な状態で存在しています。就学前の子どもたちが育ち、育てられる、これらの「養護と教育」を「保育」と考えます。認可保育園では、保育士が専門性をもって「保育」を行っています。

東京民間保育園協会ホームページ参照

http://www.tokyominpokyo.jp/