運営保育園
  • にじのいろ保育園
  • 大泉にじのいろ保育園
  • 上石神井にじのいろ保育園
  • 南大泉にじのいろ保育園

子育ては大人(親)育て

このコーナーでは保育の中で、日々にじのいろ保育園の職員が考えていることを文章にして載せていきます。

今回は、「子育ては大人(親)育て」というテーマで、職員の原稿を掲載します。

『子育ては大人(親)育て』
45歳女性保育士

 大人になって、今さら「育つ」って何?、という言葉が聞かれそうです。私もこの保育という仕事に就く前は、そんなことを思っていませんでした。正確には、私も人の子の親になって気づいたことです。
 女性は子どもを妊娠し出産するということができる不思議な生き物です。私も含め生むことができた人は、それぞれの妊娠出産を体験して子どもを産んでいます。この体験が母性をはぐくみ、子どもを出産した瞬間から子どもを自然と抱き、おっぱいをあげることの喜びを感じることができます。
 しかし、喜びだけではないことがこのあとの生活にあります。夜中の授乳、夜泣き(何をやっても泣きやまない)おむつ替え、赤ちゃんの世話に加え、日常のこと洗濯、掃除、食事作り・・・。仕事に復帰をすれば日中は仕事、あげたらキリがないほどの24時間体制で、休むどころか自分の時間さえなく、めまぐるしい毎日です。正直、自分は何のためにこんなことになっているのだろう?と思うこともあります。
 そんな中、子どもは大人がどんな状況にあっても日々成長をし、その成長の姿が忙しい毎日に幸せをもたらせてくれます。あやしたら屈託のない笑顔で笑う、歩いた、言葉を話した・・・などなど、そんな姿に疲れは癒え、また明日からがんばろうと思います。
 すべての方ではないのですが、女性の社会復帰があたり前の時代となり、子どもは0歳時期から保育園に行きます。自動的に集団生活が始まります。親のいないところで、その子自身の社会生活が始まるのです。決してオーバーなことではなくて、この社会が実は、子どもが育つのはもちろんのこと、親も育つことにつながります。
 まず、保育園に入れるという判断が親の責任のもと決められています。子どもの社会とはいえ、子どもが友達との関わりの中で時に友達を傷つけることがあった場合、その関わりが子どもにとって、立派な社会人になるための土台となります。そこで周りの保育士と親の関わりを見せたり、親として相手の親に謝る姿を見せたり、人間として大切なことを学んでいきます。つまり、親も自分の行動や考え方をしっかり持たなくてはなりませんし、親として迷いつつも、子どもや世間の前では、責任ある姿勢を見せていくことが必要となります。これは、保育園に限らず、家庭にいたとしても、幼稚園や小学校などいずれは子どもを集団の社会に入れるわけですから、親になった人すべてに降りかかることです。よく“大人の背中を見て育つ”といいます。私たち、大人同士の関わりは(嫁姑の関係、保育士との関係、保育園など保護者同士の関係、夫との関係など)自分が自信を持てて、胸を張れる関係でしょうか?大人もこういう関係は安心につながります。この関係を見せられたら、きっと子どもも安心した毎日が送れます。
 妊娠、出産したから親になり始まった子育ては、いつしか子育てをする親(大人)を育てることになっていきます。自分が子どもから大人に成長した時より、不思議と自分が育ったことを実感できます。
いろいろな事情で子どもが産めない、生まれない人もいます。でも、今までお話ししてきたことからも、子どもを社会が育てる、社会の宝として思えたら、すべての子どもは私たちの子どもです。社会で子育てしていくことの大切さが、これからの私たち大人の宿題だと思っています。

自分の両親の子育てについて

このコーナーでは保育の中で、日々にじのいろ保育園の職員が考えていることを文章にして載せていきます。

今回は、「自分の両親の子育てについて」というテーマで、職員の原稿を掲載します。

『私の両親の子育てについて』
22歳女性保育士

 私の家は8人家族で、祖父母と私の4つ上に姉、2つ下に双子の妹がいる。現代では割と大家族と言われる中で育った。
 父は、毎年正月の家族が集まる席で「今年はどんな1年にしたいのか」を聞いてくる。私が答えたことについて、1年間特に話題にあげることもないが、翌年の正月には父が必ずそれを踏まえたコメントをする。私はそのコメントを聞く度に、きちんと私たちを見てくれているのだと安心し、同時に1年間を振り返って満足したり、ひやっとして反省したりすることになる。父は、このように何事も長期的な見通しを持って考え、答えではなくヒントを与えてくれる人だ。
 母は、昼はパートで働きながらも大家族の家事をこなす。私は幼い頃、母親自身が自由に使う時間がないことに気付いて、「いつ遊ぶの?」と尋ねたことがある。何をするにも前向きに取り組む母は「楽しみは後にとっておくのよ。」と、冗談交じりに返した。また昔からとても心配性の私は、「何とかなるから大丈夫!いってらっしゃい。」という母の言葉に背中を押されて育った。その言葉は今も心の中にあって、いつも私を支えてくれている。
 父と母、2人の育った環境はもちろん大きく異なる。言い合いをする姿を見ることもあるが、父はこれを「楽しく暮らすための話し合い」と呼ぶ。言い合っていたかと思えば、休日には朝早くから2人で出掛け、夕方お土産を持って帰ってくる。そんな両親の姿から、家族はお互いの意見を出せることが大切で、それは信頼し合う関係があるからこそできるのだと学ぶことができた。
 笑い合い、励まし合い、ぶつかり合い、とても人間らしい姿を見せてくれる両親の子育ては、今の私自身の子どもとの関わり方の基礎になっている。また、目指すべき姿でもあると考えている。