職員の得意なことを活かして福笑い、書初め、けん玉、ベーゴマなどのコーナー遊びを楽しみました。

そのあと厨房職員に目の前で七草粥づくりをしてもらい、湯気が昇る様子や半透明の鍋の中で、ぐつぐつと煮立っている匂いの変化などを感じていました。

こうして関心をもつことで普段敬遠しがちな葉ものの入った七草粥もよく食べていました。1 2