運営保育園
  • にじのいろ保育園
  • 大泉にじのいろ保育園
  • 上石神井にじのいろ保育園
  • 南大泉にじのいろ保育園

鏡開き

年末に作られた玄関に飾られた鏡餅を年女の職員が木槌で開きました。また、保護者の方に書いて頂いた「今年の願いごと」を保育者が代読すると、乳児で、言葉そのものの意味は分からなくても嬉しそうな表情でした。
尚、幼児は正月遊び(双六、福笑い、独楽等)を行い、伝統的な遊びに触れる機会となりました。
kagami1

kagami2

七草

厨房職員に七草粥作りを見せてもらいました。
緑の野菜は見た目だけで嫌がる子もいますが、なじみのある大根やかぶ等、七草を実際に見て、触れて、出来上がるまでを見たことで、食べる意欲につながった様に感じました。
nanakusa1

nanakusa2

餅つき

年末恒例行事ですが、今年は子どもたちから「あれ、なんで飲んでるの?」とつきての職員のお清めに関心を示していました。身を清めることを保育者が答えると、納得したかのように見入っていました。日本古来からの伝統行事にこうして興味を持っていくのを感じました。
motis-1

motis-2

motis-3

5歳児にじぐみの劇を見る会

5歳児20名が2グループに分かれて、絵本『おおかみと七ひきのこやぎ』(フェリクス・ホフマンえ、せた ていじやく、福音館書店)の劇を行いました。
保護者の方に見てもらう嬉しさもある反面、緊張感もある中でお友だち同士協力しあう姿が見られました。
当日まで約2カ月考えてきた役柄に個性や性格が表れていました。卒園まで3ヶ月になりましたが、自分の内面を知る、考える活動を大事に行っていきたいと思います。

nijigeki1

nijigeki2

お楽しみ会

保育者が劇「三びきのやぎのがらがらどん」を行いました。
「絵だけのなの?」と最初はプロジェクターから映し出されるのを見ていた子ども達もカーテンが後に開くと、「おっー!」と静かな歓声があがりました。奥行きのある背景、絵本に出てくる岩等、絵本の世界観を大事にしたセットに子どもは引き込まれていました。
劇を観た後、3歳児から「おれだ!おおきいやぎのがらがらどんだ!」とセリフを感情込めて言う程、表現意欲に刺激されたようです。

otanosimi