運営保育園
  • にじのいろ保育園
  • 大泉にじのいろ保育園
  • 上石神井にじのいろ保育園
  • 南大泉にじのいろ保育園

ひなまつり

職員のお琴の演奏、歌の発表など春らしい音楽や音色を感じることができる会となりました。

当日までに、5歳児にじぐみが園の代表としてお雛様を飾りつけしたり、当日3、4歳児の子どもに甘酒を振る舞うなどお手伝いをしてくれました。

入学、進級を祝う会 ~みんな大きくなりました~

乳児クラスはとにかく安心して会に参加できるように、日常の風景を演目に取り入れることで、当日は誰一人泣くことなく、楽しそうに参加していました。

幼児クラスは子どもが主体的に取り組めることを大事に考え、“発表の仕方”についても子ども達と話し合い、進めてきました。特に5歳児にじぐみの姿は、大人が安心してお客さんとして見ていられるぐらい堂々としていて、0歳児からの成長を感じた会となりました。

DSCF9749 DSCF9826

節分

「鏡開き」で願った幸せ、“こうなりたい自分”を邪魔するものを内なる鬼として各クラスで形にして、年男、年女の職員に払ってもらいました。その後厨房職員に太巻き寿司を実演してもらったり、「だいず」を加工した食品、味噌・醤油・納豆・きな粉のにおい当てクイズや、“豆腐ができるまで”の展示をみたり、豆まきで使用するだいずから食への関心を高めました。DSCF9464DSCF9508

鏡開き

12月のもちつき会で作られた鏡もちを年男の職員が木槌で開きました。

その後4歳児クラスが制作したかるたや5歳児クラスが制作したすごろくなどの正月遊びを子ども同士遊び方を教えあいながら楽しんでいました。

開いたおもちはおやつにお汁粉としておいしくいただきました。

七草

職員の得意なことを活かして福笑い、書初め、けん玉、ベーゴマなどのコーナー遊びを楽しみました。

そのあと厨房職員に目の前で七草粥づくりをしてもらい、湯気が昇る様子や半透明の鍋の中で、ぐつぐつと煮立っている匂いの変化などを感じていました。

こうして関心をもつことで普段敬遠しがちな葉ものの入った七草粥もよく食べていました。1 2