若水会の運営する4つの保育園では、以下のような「子育て支援」活動をしています。

各園の「保育パートナー」に無料登録して頂くと、活動内容などのお知らせや特典が受けられます。(親のみ参加の「子育て講座」での無料保育など)保育園ごとに活動の違いがあるため、活動ごとに園名を示してありますが、内容は随時変更・更新されることもあります。詳しいスケジュールは各園のページをご覧のうえ、ご確認下さい。


 

 

過去の活動例のご紹介

※現行の活動内容は、各園のページでご確認下さい。

一時保育

一時的なお子さんの預かりや、緊急時や保護者の入院などの際に安心してご利用頂けます。「勉強もしたい」「仕事も少しずつしたい」「息抜きしたい」等、利用の中身は問いません。子どもたちにとっても友だちとふれあい、遊びが広がるなどプラス面も大きいはずです
(平成23年度府中の例)
登録料2000円、7:00~18:00のうち、4時間~8時間の利用が可能です。
(延長時間もあります)

 

園庭開放

公園に遊びにいくような感覚で、担当職員がいる園庭の砂場や遊具でお子さんと遊んで頂けます。子育てでお困りのこと、気になることなどのご相談のきっかけとしても気軽にご利用頂けます。
(平成23年度大泉の例)要:保育パートナー登録(無料)
開催月:5~7月、10~1月の 第1.2.3水曜日の午前中

子育てサークル

子育てサークルは、子育て仲間づくりを目的とした1年間のサークル活動です。初めて知り合った方々と打ちとけにくい前半期は、親子で楽しめる遊びやミニ講座を準備し、保育園職員が援助させていただきます。
【活動内容】(平成23年度大泉の例)
・絵本読みミニ講座(主任保育士)
・トイレットトレーニング講座(副主任保育士・看護師)
・保育体験               など。

 

親子ワークショップ

親子で楽しく参加して頂けるワークショップです。
(平成23年度大泉の例)
「ダルクローズ・リトミック」講師・宮良愛子氏
(ダルクローズジャパン リトミックスクール主宰)
「ママのボディ・ケア」講師・吉田 紫磨子・水口陽子氏

(特定非営利活動法人マドレボニータ講師)
費用:親子1組 500円(保育パートナー登録者は無料)

 

「子育て講座」

核家族や近所づきあいも薄くなった現代社会では、子育てがとても孤独な営みになりがちです。年8回、教育学者、発達心理学者、絵本作家、カウンセラーなど、ヴァラエティーに富んだ講師陣お招きして、子育て講座を開催しています。孤独な子育ての重荷や悩みを軽くして、ヒントや元気がもらえるはずです。
(平成23年度大泉の例)

・峯島 紀子氏 (当園嘱託医)
「乳児の発熱について」健康診断・身体測定あり

・安達 倭雅子氏 (“人間と性”教育研究協議会,NPO法人チャイルドライン支援センター常務理事、「埼玉子どもを虐待から守る会」電話相談員 )
「からだを知ろう」

・大河原 美以氏 (東京学芸大学総合教育科学系教育心理学講座教授・臨床心理士)
「乳幼児期期にこそ感情を育てましょう」

・CAPワークショップ (NPO法人 CAPユニット(子どもへの暴力防止プログラム)
「暴力防止プログラム・大人のためのワークショップ」

・汐見 稔幸氏 (白梅大学学長・教授)
「今の時代 保育園でできること」

 

出前保育

出前保育とは、保育園周辺の魅力的な屋外の場所に集合し、共に遊ぶ活動です。保育士が自然の中で季節を感じられる遊びを“出前”します。
(平成23年度府中の例)

就園前のお子さんがいる親子対象、毎月第2水曜日午前(参加費無料)

 

つどいのひろば

保育園の室内を地域子育て中のご家庭に開放して遊び交流して頂く場です。絵本や遊具も用意しています。お友だちを作りたい、子育てについて話したい…等、散歩の途中にちょっと一休みも兼ねて、お気軽にお立ち寄り頂けます。
(平成23年度府中の例)

毎週月・木・金曜日 、9時半から12時半(参加費無料)

 

子育て相談

保育園には様々な職種の子育てのプロが働いていますが、実際に我が子の子育てには、悩んだり、心配したりの経験があります。ご相談の内容によって、園長・主任保育士・看護師・栄養士・保育士などが親身に対応します。

(平成23年度大泉の例)随時受付、電話での相談も可。