年末のもちつきで作られた鏡もちを年女の職員が開きました。見守る子ども達が一体となった、幸せが溢れるあたたかい時間となりました。

開いたおもちはおやつの“お汁粉”となり、幼児が美味しく頂きました。

昔からの伝承あそびや日本の食など、お正月を通して様々な経験・体験ができた子ども達です。

kagami1-s kagami2-s kagami3-s kagami4-s